脳出血から5年。脳梗塞鍼灸リハビリで後遺症改善の報告ブログ

脳梗塞鍼灸リハビリで後遺症改善の報告ブログ

長時間指圧マッサージと鍼で痛みが軽減

長時間の左半身指圧で麻痺部分が軽くなる

長時間の左半身指圧で麻痺部分が軽くなる

こんにちは。
昨日、一二三堂さんのリハビリに行ってきました。

 

膝・肩・股関節が歩くたびに痛み走り、歩行姿勢が悪くなったのでしょうか、背中の痛みも若干ありました。
一二三堂さんに到着し、痛みの症状をお伝えしたところ院長は、「骨盤矯正から始めますね。」と仰り、女性スタッフの方と交代。
いつものように骨盤矯正が始まりましたが、昨日は痛む部分への指圧を。細かく痛む部分を伝えてなかったのですが、ピンポイントで力を入れていただくと、「痛さの向こうにある安堵」のような軽減感がありました。

骨盤矯正の次は左側面集中の指圧。
肩から脛あたりまで。
特に肩は、いつも刺激を与えていないので指圧が強烈に効きます。

 

側面が終わると、背面への指圧。
肩甲骨付近から、背骨横の窪んだ部分への指圧。
これは、痛快でした。
こんな部分を指圧してもらったのは、一二三堂さんが始めてです。
それまで、背骨付近は危険だから避けるとばかり思っていました。

 

最初から最後まで、力強い指圧。
骨盤矯正はいつもは最後の「総仕上げ」的な施術ですので、10分間くらいだと体感していましたが、昨日は側面指圧を含め連続で約25分間施術していただきました。
普通の肩もみでも25分間はヘビーですが、指圧マッサージの25分間は日頃の鍛錬を予想してしまいます。握力がすいごいなど。。。

 

その後、鎌田院長の鍼でさらに安定の位置と効果が出て、治療後の院内歩行では痛みを感じず軽快に歩くことができました。