脳出血から5年。脳梗塞鍼灸リハビリで後遺症改善の報告ブログ

脳梗塞鍼灸リハビリで後遺症改善の報告ブログ

背中への鍼治療重点になり、体調(後遺症)への変化が少しずつ表れています。

こんにちは。

前回・前々回と背中への鍼治療にかわり、ざっくばらんに言うと

後遺症の最大の特徴「痺れ」が軽減してます。

背中への鍼治療(もっと鍼は多いです)

背中への鍼治療(もっと鍼は多いです)

特に左腕の痺れが、初回の背中鍼治療から1週間経ちますが、

痺れの軽減は良好です。

MAX時の約半減の体感です。

初回の数日間は八割減。

 

脳梗塞脳出血の後遺症で最も代表的症状で、最も長引き、最も「後遺症だから、しかたない。」とされる痺れの良好への変化!

#一二三堂梅田整骨鍼灸院 さまの #鎌田院長 は、私の後遺症に寄り添っていただける治療の結果だと感謝してます。

 

今月に入り、家庭の事情で正座を余儀なくされることが週一回あります。

正座もできるんです。20分間ほどですが。

最初、無理かなと思い正座したところ、もともと痺れているせいもあるのか、

いわゆる「正座による痺れ」はほとんど感じません。

そのかわり、正座がおわると立ち上がれません。

左脚の膝からしたの感覚がなく、力が入りません。

しばらくすると、自立歩行できるので、感覚がない時は「正座の痺れ」なんですね。

 

今は、左の手足の小指付近から痛みがあります。

あと、腰のコリが激しいのと。

 

今や痺れより慢性的な痛みが厳しいです。